出会いで重要なハンドルネーム


出会い系サイトにおけるハンドルネームは、思いの外、重要な役割を持っています。
最初に相手の目に触れる部分ですから、間違ったハンドルネームをつけると、その時点で会うことはもちろん、メール交換にさえ応じてもらえない可能性があります。
では、どんなハンドルネームが失敗に当たるのでしょうか。
ありがちなのは、自分のことを「○○くん」「○○ぽん」などと付けてしまう場合です。
女の子ならまだしも、男性がこれをやってしまうとほとんどの女子は引いてしまいます。
それから、芸能人の名前をつけるのも危険ですね。
特に人気アイドルや俳優など、イケメン芸能人の名前を使ってしまうと、ナルシストと思われる可能性が高いです。
それにもしかしたら、相手が好きではない芸能人だったら、それだけで印象が悪くなってしまい、交換を断られることもあり得ます。
そしてもう一つ多い失敗は、車やワインの名前をつける人です。特に男性にこういうタイプの人が多いのですが、純粋に憧れの高級車や高級ワインの名前をつけたとしても、女性側は「自分も高級だって言いたいわけ?」と、変な風に勘ぐられる可能性があります。
男性の中には「そこまで考えなくてもいいのでは…」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、出会い系サイトは相手が見えないコミュニケーション。思っている以上に想像力が働くものなのです。ですから、自分では大袈裟だと思っても、少しでもマイナスイメージを連想させるハンドルネームは避けた方が良いでしょう。

悪質サイトが淘汰されてきた


出会い系サイトの人気は今でも続いていますが、昔よりも出会い系サイトの数は減ってきています。
「もしかして、このままフェードアウト?」と心配する方もいらっしゃるかもしれませんが、減っているのは悪質な出会い系サイトばかりです。
なぜこのような現象が起こっているのかというと、2008年12月1日に施行された法律によって、出会い系サイトを運営するには、当局に届け出をしなければいけなくなったからです。
その届け出には、サイト名、URLを記載しますから、一事業者が複数立ち上げる場合は、その都度届け出が必要です。ですから、勝手にいくつも運営することはできないのです。
その為、得体の知れない出会い系サイトが乱立することはなくなり、悪質サイトが淘汰されてきたのです。結果、現在では優良サイトだけが残りつつあります。
この流れを受けて、スパムメールも減少しています。スパムメールを送りつけて、悪質サイトへ誘導していたサイトが減っているのですから、誘導する先のサイトがなければ、スパムメールを送る理由はありませんからね。
2009年2月1日になると、更に規制は厳しくなり、出会い系サイトに登録するには、年齢確認が必要になりました。これを受けて、クレジットカードで認証確認を行うサイトが増えたようです。
ですから、今までは年齢など自己申告でしたから、実際のところはわかりませんでした。しかしこの法律のおかげで、18歳未満の児童と意図せずして付き合うような危険がなくなり、健全な利用者としては安心できるようになりましたね。

http://friends.excite.co.jp/
エキサイトフレンズ – 友達作りコミュニティ

更新情報

2014/04/11
出会いで重要なハンドルネームの情報を更新しました。
2013/09/24
サイト運営者情報紹介の情報を更新しました。
2013/09/10
お問い合わせフォームを新規投稿しました。
2013/09/10
円女はどんな意味?の情報を更新しました。
2013/09/10
IDとアカウントの意味の情報を更新しました。
△PAGE TOP